サイクルコンピュータをEDGE500にしたよ。そして心拍数を測るのに、腕時計型のセンサーも買ったよ。というのが前回まで。

今回はその続き、第4回です。

第1回がこちら

第2回がこちら

第3回がこちら。


腕時計型の心拍数センサー、つまりはGarmin vivosmart HR を購入して数か月。

結構目立ちます。

「その時計、恰好良いですね~」とか言われて、「実はスマートウォッチなんだよ」とスワイプさせると、近未来に来た気がします。

充電は、以下のように専用の充電ケーブルを接続します。

でも、1週間に 1回程度の充電で良いので、常に着けっぱなし状態になります。

愛用しすぎて時計焼けもひどくなりました。

 

そんな、日常が、いま、おわる…

 


充電ケーブルが見当たらない。

まあ、1週間もあれば見つかるだろうと高を括っていた。

 

そして、そろそろバッテリーが無くなるよ~というサインが出てきてから、本気で探し始めた。

だが、見つからない。

 

最後に置いた場所はわかっている。

誰かがそこから移動させたのだろうけれども、誰も分からない。

そんなミステリーが、我が家で発生していたのである。

 

そして、ついに。

無情なる「バッテリー低下」の文字。ついに使えなくなりました。

 

その数日後、それはショッキングな姿で発見された!

千切られていました。

グロ画像なので千切られた部分はボカシを入れてあります(笑)

 

犯人は誰だ?

コイツか?

 

いや、

コイツだー!!

 


いや、そんな顔してもダメです。

 

でも、このままではどうしようも無いので、充電ケーブルを新たに買うしかないですね。

ん?

予想した4倍は高価!!!!これでは絶対に妻への稟議が通らない。


ということで、別の方法を。

千切られたところをきれいにして、

別のUSBのケーブルを切って、

つないで、

なんとか使えるようになりました。

 


とりあえず再び使えるようになったvivosmart HR。

しかし、ネタの神様は、私を許してはくれなかったようです。

【次回予告】

Garminさんの話⑤『腕時計 その3』

Garminさんの話④『腕時計 その2』 ~充電器が行方不明の巻~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です