自転車を車載するのに、自分の場合の最適解はどこか?というテーマです。

我が家の場合、以下を載せて「ジロ・デ・シラカワ」(ウチから約200km)に出場する事を想定しています。

大人:2人、子供:2人

自転車:大人用ロード 2台、子供用MTB 1台、キックバイク(Strider) 1台

 

リアルに買う気はあまりなく、次の車の候補を妄想するためにやっていたこのシリーズですが、

IMAG0161IMAG0122

今乗っている車に、こんなインジケータが出てきたので、修理に出しました。その修理見積もり次第で、妄想が妄想でなくなってしまうかもしれません。

 


さて、マニュアル車という私のコダワリ。

車を停止させるために、タイヤを止めるためのブレーキのほかに、動力を切るためのクラッチがあるマニュアル車の方が、機械としては優秀なのです!

どこぞやの工学系の博士がそう言っていたのだから、たぶんそうなんです!

 

そんな私のコダワリに対応できそうなSUVが、もう一台ありました。

IMG_8688

スズキのエスクード2.4です。これにはマニュアルが存在します。

 

これは、自転車を積むにはどうだろう?ということで、ディーラーへ向かいました。

営業さん 「エスクード2.4ですよねぇ~、まだ受注生産はしていますが… 先月なら、中古車があったのですが、今では売れてしまいました。」

 

実車は無いとのこと。ディーラーまで行った甲斐が全くありませんでした。


 

無いものは仕方が無いので、カタログで妄想します。

IMG_8731

カタログは諸元表から見る私。

先ず目に入ったのは、変速比。5速で 1.000

最終変速比がそれなりなので、それほど驚く数値ではありませんが、100km/hでは2700rpmくらい。同様の理由で検討していたフォレスターは6速の100km/hで2500rpmくらい。

私 「これ、高速道路でエンジン音が気になるなどありますか?」

営業さん 「気になる人は気になるみたいです。」

 

ここで、思い切って、マニュアルにこだわりがある点と、競合としてフォレスターを検討している点を説明。

営業さん 「他社さんより若干安いと思います。ただ、装備を見ると、見劣りするかもしれません。」

もう、売る気があるのか無いのかわからない説明を受けるの巻

営業さん 「エスクードを買う人は、エスクードを買いに来るので…。」

ジムニーのようなモノなのですね。納得しました。むしろ競合車種を言った私が間違いだったように思います。

 

3月末で受注も終わっちゃうかも…という話も。

マニュアル車好きには、寂しい時代になりましたねぇ・・・

 

自転車との相性(ESCUDO2.4編?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください